2010年2月23日火曜日

支援の形

バスーラ関係のボランティアの話。

バスーラやスカベンジャーの映画はとても良い話だったが、

この動画をみて、ふと支援ってなんなのかが分からなくなった。




この動画では最後に靴を履いてない子ども達にクロックスを渡すシーンがあったが、靴を履けないことっていうのは、貧しくてはけなかったのか、それとももともとそういう文化があったから履いていなかったのか。

また、たとえクロックスを与えたところで、子ども達の足というのはすぐに成長するし、それで履けなくなったり、壊れて履けなくなったりした場合、靴の味をしめた上でまた裸足の生活に戻るのだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿