2010年7月17日土曜日

モンゴル4日目 (2010/7/17)

さて、モンゴル4日目。ガイダンス的なものは今日で最後です。


土曜日のせいか、街は至って静か。


午前中も昨日のような講義が続きます。


そして、お昼ですw


今日はチキンのグリル。


これもおいしい。常にご飯は腹八分目を超えて満腹状態w


札幌いるときもこんぐら食べれれば、太れるかなw


IMG_2659.JPG


さてさて、違う部屋に移動。なんだか昔の理科室みたいな部屋ですね。


そんな部屋で僕ら4班は今後のスケジュールについてディスカッション。


IMG_2660.JPG


IMG_2662.JPG


どういう過程をたどったかはよく分からないけれでも、どうやら、このサマースクールで自分は1時間英語でプレゼンをすることになったようです。


ん〜。きついw今までの英語プレゼン記録の中で最長記録だぜいw


さてさて、ディスカッションも終わり、明日から使用する施設の場所の確認と見学をしました。


ここは気象関係の施設でいろんな気象観測装置がありました。


これは並列計算機。


今は使われていないそうですが、JICAによって支援されたものらしいです。


IMG_2663.JPG


部屋を移り、今使われている計算室へ。


たくさんパソコンが並んでいますね。


IMG_2669.JPG


これはまた違う計算機。


IMG_2664.JPG


JICAと思いきや、KOICA。


どうやら韓国版のJICAらしい。いろんな国がこうやって支援している。


IMG_2665.JPG


これも計算機。


IMG_2666.JPG


これもJICAからのようですw


IMG_2667.JPG


これもレーダー観測網からのデータを収集する機械のようです。


モンゴルの20ヶ所の観測所や観測機器、レーダーなども日本が支援したそうです。


IMG_2671.JPG

IMG_2673.JPG


エンジニアが24時間体制でモンゴルの気象状況などを監視します。


IMG_2668.JPG


シリアに続き、日本のODAを生で感じることができました。


こういった機器やシステムを日本が支援することで、陰でモンゴルの防災や安全を守っているんだなと思った。何かと批判の多い日本のODAだが、直に役だっているところをみると、ODAも悪いものではないと思います。


あと、近年モンゴル内において、日本のODAが少なくなり、そして支援額などが韓国やドイツなどに抜かされてそうです。


IMG_2674.JPG


さて、お腹もすいたことなので、チンギス・ハーンホテルへと向かって、噂の美味しいピザ屋さんを探します。


ホテルの中にはデパートがあって、その中にピザ屋さんがあるそうです。


これは本屋さん。




IMG_2677.JPG


しかし、探せど探せどピザ屋さんはなく、どうやらピザ屋さんはもうなくて、今喫茶店になってるそうです。


IMG_2679.JPG


ということで、ピザは諦めて、ウクライナ料理に行くことに。


生まれて初めてのウクライナ料理。全くイメージが着きませんw


モンゴルに来てから、ロシア系(旧ソ連系)の文化にも触れる機会が多い。


ソ連製の車や、ソ連チックな建物。キリル文字。


ウクライナ料理もそのひとつだろう。


IMG_2682.JPG


ビールのグラスには目盛りも。


IMG_2681.JPG


そして、ビールはチンギス。


ウォッカにしろ、ビールにしろ、建物にしろ、地名にしろ、とりあえず、この国ではチンギスと付けておけば、万事OKですw


IMG_2698.JPG


自分が頼んだのは野菜スープっぽいやつだったんだけれども、これがまた美味しい。


みんなでシェアして食べたけれども、どれも美味しかった。


そして、ボルシチがウルライナ料理だっていうことを初めて知った。


IMG_2686.JPG


さて、奇妙な食べ物がひとつあった。


なんでしょうねー??


IMG_2688.JPG


実は、これはそばを蒸したもの。


確かに食べたときにそばのフレイバーがしました。


ご飯を楽しんでいるとなにやら演奏が始まりました。


IMG_2683.JPG


モンゴル人だけれども、歌う曲、弾く曲はウクライナやロシアの民謡。


そして、ロシアからきたヘレンナが歌い出し、


そのうち、隣のお客さんが踊りだして、


最後はみんなで踊りましたとさ。


そのときの映像もUPしておきます。


料理も雰囲気もよかったウクライナ料理屋でした。おすすめ。


これで明日からの授業にむけての準備はバッチシです!



0 件のコメント:

コメントを投稿