2010年7月23日金曜日

モンゴル10日目 (2010/7/23)

さてさて、モンゴルもついに10日目!


朝のテルレジ川は夕方とは違って、いい感じ。この景色だけ見ているとなんだかモンゴルじゃなくて、カナダにでも来た気になる。


IMG_3464.JPG


IMG_3465.JPG


森もタイガっぽいw


けど、よくよく考えるとバイカル湖まで200kmぐらいとそんな遠くはないから、ミニタイガという感じかな??


IMG_3470.JPG









さて、9時出発のはずだったんですが、さすがモンゴル人wみんな起きたばっかりということで、出発は10時に変更。

ということで、裏にあった山に登ってみることに。山頂のオボーをめざします。

IMG_3473.JPG



登り始めると、意外と傾斜がきついことが分かった。イメージとしては大きいモエレ沼の丘みたいな感じw

IMG_3478.JPG





道中、こんなネギボウズみたいなお花も。

IMG_3476.JPG

中腹のオボーを過ぎて

IMG_3477.JPG山頂を目指します。



IMG_3489.JPG

そして、登ること20分、ついに山頂が見えてきた。



IMG_3495.JPG

オボーの周りを3回周り、無事登頂!

IMG_3501.JPG





地上からはあまりよく分からなかった川の全貌も明らかに。昨日いった草原も遠くに見える。



IMG_3497.JPGテルレジ川を馬が渡っているのも見えるw豆粒みたいw

IMG_3513.JPG



にしても、いい景色で、登ったかいがありました。草原も、

IMG_3499.JPG

森もIMG_3503.JPG

オボーもあって、楽しい山頂でした。

IMG_3506.JPG





そうやって、山頂を後に。

IMG_3519.JPG

下りは順調wIMG_3524.JPG





青い空と、頂きに一本だけ生えている木がすごく景色とマッチしていた。そらに吸い込まれそう。





IMG_3529.JPG



お花もいろいろ咲いてた。

エーデルワイスちっくな花や、

IMG_3521.JPG



黄色いケシの花や、IMG_3533.JPG

青いかわいらしい花。

IMG_3540.JPG



これも花??乾燥に強そうな植物。IMG_3545.JPG













そうやって、下山して、JAMSTECの観測サイトへ。





IMG_3553.JPG

このサイトでは風速や、気温、土壌水分量や、土壌の温度、積雪量、日射量などのパラメーターを測るそうです。

IMG_3554.JPG

配線系統w



IMG_3556.JPG



なにやら、地中の小さい穴からなんか筒を取り出してきました。



IMG_3569.JPG



先っちょの方は凍ってた!このチューブの中には水が入っていて、土壌の深いところはまだ0℃以下なので、凍っているそうです。

IMG_3568.JPG



この永久凍土や、凍土層がこのモンゴルでは森林の生育に大きな役割を果たすそうです。

モンゴルの森林は面白いことに南側の斜面はほとんど木が生えていなくて、森林は主に北側に生えています。というのは、南側は日射があたって、地中の温度が高く、冬場凍る土壌が溶けてしまうけれども、北側は日射が当たらず、土壌の温度は冷たいまま。凍土が地中の3〜4mぐらいのところにあることによって、凍土が不透水層の役割を果たして、土壌の水分をタンクのように保持するそうです。

もし、この木を切ってしまったとき、この森がちゃんと再生できるかどうかはまだ分からないそうです。そのために、永久凍土と森林の関係についていろんな科学者が研究しています。

IMG_3575.JPG





ここは谷なので、きっと地中に水が通っているので、木が生えている模様。

IMG_3573.JPG





木陰は気持ちい!思わず草原にごろっと寝っ転がって、休憩。贅沢贅沢w寝っ転がるときは、家畜の糞とガラス片には注意を。いっぱい落ちてるから。





IMG_3578.JPG



おまけ。IMG_3581.JPG







JAMSTECの草原にある観測所から、森林の観測所へ。

IMG_3625.JPG



移動中にはこんなきれいな小川が。こういう小川は日本じゃなかなか見られない。

IMG_3604.JPG





小川には水位計つけられていて、計測しています。IMG_3610.JPG

IMG_3613.JPG





とりあえず、いい場所なので、グループで記念撮影!IMG_3616.JPG







そして、森到着。

この森もとてもきれい。

IMG_3630.JPGIMG_3639.JPG



そんな森の中に、こんなタワーと、

IMG_3635.JPG



奇妙な装置が。タワーは風速などをはかって、こちらは木の中を流れる水分の流速を測るらしい。

これらの装置は全部手作り。ちなみに、タワーは鯉のぼり用のタワーらしいw

IMG_3638.JPG







IMG_3636.JPG









IMG_3640.JPG

そうして、森を後にします。



IMG_3685.JPG







次はテルレジの気象観測地点へ。



IMG_3694.JPG

これらもこの前の装置とほとんど変わらないね。というころで、説明はほとんどなしでしたw

IMG_3695.JPG



近くにいた、なかよしこよしの仔牛。

IMG_3698.JPG







一通りのものを見終わって、時間が少し開いたので、吉村さんと馬に乗ってきました!



IMG_3702.JPG

さっそくテルレジ川を横断。

IMG_3704.JPGIMG_3711.JPG





川はきれいだし、馬がざぶざぶ歩いて上がる水しぶきが気持ちい。

IMG_3707.JPG



この川好きだなー。



IMG_3708.JPG



川を過ぎたらこんなかんじ。きっとテルレジ川の砂州です。昔の豊平川や中島公園付近はこんな感じだったんかな??

IMG_3715.JPG





なかなか馬が言う事を聞いてくれないwけど、ガイドさんがムチをピシ!って叩くと、態度がいっぺんしますw





IMG_3718.JPG



小さな川もわたり、





IMG_3730.JPGIMG_3733.JPG



草原へ!

IMG_3737.JPG



ザ・モンゴル!IMG_3738.JPG



青い空に吸い込まれそう。IMG_3741.JPG





空のあおと草原のみどりのコントラストが絶妙。IMG_3744.JPG





すじ雲もきれい。

IMG_3754.JPG







また川にもどってきました。

IMG_3779.JPG

IMG_3784.JPG

川べりではファミリーや子供たちが川で遊んだり、涼んでいた。日本ではなかなか見れない光景。日本ではどうして見れなくなってしまったんだろうか。

IMG_3787.JPG



途中で、変わった動物も。IMG_3800.JPG

ヤクでしたw地理の教科書以来にでてきたねwもののけ姫かなんかで出てきそうな感じ。ジブリちっくな生き物ですね。

IMG_3804.JPG



そうやって一時間ほどたって、楽しい乗馬も終わりました。



IMG_3812.JPG





そして、お腹もぺこぺこ。今日もおいしいお昼ごはんを頂きました。

IMG_3815.JPG







4時ぐらいに帰ってきて、市内観光しようとしたけど、ほとんど閉まっていたので、今日はこれでおしまいw






0 件のコメント:

コメントを投稿