2011年1月4日火曜日

2010を振り返って

いろいろあった2010。今さらながら振り返ってみたw


1月


・研究室スキー旅行




IMG_7248.JPG


・卒論で学校に泊まりこみ生活




201101040111.jpg


ほとんど森といっしょに暮らしてた感じだねwけど、夜中に温泉いったり、コンビニに夜食買いにったり、いろいろと楽しかったわw


2月


・卒論で学校に泊まりこみ生活


・支部論発表


IMG_7311.JPG


・卒論発表


・卒論提出 


・小樽雪あかりの路


IMG_7363.JPG


3月


・リュージュ初体験


P1020680.JPG


・シリア+ヨルダン旅行


ついに中東デビュー!2年ぶりの海外!




IMG_0139.JPG


4月


・院入学


・e3加盟


・千代田放水路


IMG_2381.JPG



5月


・CoSTEP始まる


・新得訪問




IMG_2444.JPG


6月


授業とか、CoSTEPとかで忙しかったかな?






7月


・モンゴルフィールドサマースクール




IMG_3616.JPG


8月


・ソフトボール大会優勝


19641399_456631476_105large.jpg


・e3フィールドトリップ


_DSC2473.jpg


・釧路湿原調査


・風不死岳+樽前山登山




DSC_6090.JPG


9月


・BESTプロジェクト


IMG_5109.JPG


・全国大会発表と運営 


IMG_5085.JPG


・ギリさんの講演通訳




201101040108.jpg


・水工提出






10月


・インドインターン開始




DSC01976.JPG


11月


・インドインターン


・IAHR提出


・水工査読修正


12月


・経産省インターン


と、3ヶ月以上を海外で過ごしていたらしいw


卒業して、残り自由に旅行いけるのもあと2年しかないという焦り+もっともっとアジアについて知らなくちゃいけないという焦りから、いろいろと日本から飛び出してみたけれども、それはすごくいい経験だったと思う。


今回は旅という形式ではシリア・ヨルダンだけで、他はサマースクールやインターンで行ったというのが、今までの渡航理由と違うことだろうか。旅行だけでなくて、こういう渡航理由で行くのもいい刺激になった。


研究もテーマが変わり、誰もやっていないマルチエージェントシステムの言語を覚えるので大変だったり、また、数値計算をやる上でfortranの使い方や書き方について勉強しなくてはいけなかったり、terminalから操作するので、unixの使い方について学んだりということもやらなくてはいけなかった。


また、研究室のHPを担当することになったから、htmlやらcssとかも分からなくちゃいけないいし、サーバーの管理についても知らなくてはいけなかった。


けど、今となってはいい勉強になったし、後半戦では各々で学んだ言語がひとつの形で結びついたのも大きい。年末までにサーバーの構築ということができるようになったのも自分の中では進歩かと。


自分の作りたかったものが少しは作れたかな??


http://toshimushi.dip.jp/web/quneitra/


まだまだこちらに関しては発展途中ですね。


あと、CoSTEPに関してもphotoshopやillustlatorについて学ぶ機会を設けて頂いたおかげで、少しは分かってきた。いずれはこのサーバーのスキル+webによる情報発信能力+デザイン力で何かつくることが出来たらと思う。まだまだスキルに関してはまだまだだけどね。けど、うまいことつなげていきたい。


そして、週末ワークキャンプなどのリアルの活動に、このwebやITの世界とくっつけて、情報発信+情報共有ができていけたら、素敵だな。がんばろう。


この一年でいろんなひとに出会えた。


シリア・ヨルダン


この国は本当にフレンドリーでホスピタリティに富んだ国だと思う。コミュニティだったり、元気な商店街だったりと、いっぱい今の日本が失ったものを持っている。そして、本当に赤の他人である自分を良くしてくれた。Hamaでであったアミールたちにはまた戻って会いたい。


e3(大学院の英語コース)ではたくさんの留学生に出会うことができた。さらに、今ではe3を運営するメンバーにも加えさせて頂いている。来年はもっとe3で出会える人が増えるだろうし、みんながいいと思うえる組織にしていきたい。


CoSTEPとは学生だけでなくて、おもしろい社会人やいろんなバックグラウンドやスキルをもった先生方とであることができた。3ヶ月も不在にしていると、なかなかこのリソースを生かしきれていない感があるけれども、CoSTEPが終わったあとにもこの脈やリソースを生かしていきたい。


モンゴルではあまり接することのなかったモンゴル人や、地球環境問題や水循環で関わっている研究者や、日本の学生と知り合うことができた。これはこれですごくいい出会いだったと思う。しばらく、集まっていないのが残念。けれども、unixの世界にますます魅了されたし、普通では行けないモンゴルに行けたのは大きい。


そして、今年の目玉はなんといってもインドだろう。


これはここ数年間の中でも一番印象に残る2ヶ月だった。本当にいい仲間に出会えたし、これからも連絡を取りたい大事な仲間だと思う。昼飯、晩飯、朝から晩まで誰かといたし、いろんな話をした。20〜30人ものインターン生とたくさんのインド人と知り合えた。毎週末旅行に行っていたが、それも本当に楽しかった。もちろん、いろいろと思うところが伝わらなかったり、日本が恋しくなったこともあったけれども、今は逆にあの日々が懐かしく感じてしまう。また、地球のどこかで出会うことができればうれしいな。


さて話が変わって、2010年の最後の日。


帰省もせずに、札幌に残っているというわけで大掃除をしてみました。


でるわでるわゴミの山。


たまたま発掘(そういう状態なんです。)したら、土木学会からの封筒が。普段は学会誌が来て、見ないまま捨ててしまうんだけれども、今回はたまたま開いたら、なんと賞状が。




201101040058.jpg


どうやら、夏の土木学会の全国大会で優秀講演者賞を受賞していたらしい。


まったく気がつかなかったので、本当に棚ぼた的な感じだったwww


(こうやってみると、研究やってないみたいだけれども、実際外で活動している時以外はほとんど研究室にいて、研究してますwインドいる間も2つ論文書いたしw)


けれども、こうやって結果がでるとうれしいもんだね。しばらく、こういう賞状というのを頂いていなかったので。あと、就活直前というのもグットタイミング。


今回受賞できたのも、これを指導してくれた先生方や、いつも過ごしている研究室の仲間のおかげです。ありがとうございます。


そんなこんなでこの一年は過ぎていきました。


そして、2011年は勝負の年ですね。


何よりも就職を決めなくてはいけない。


けれども、そのプロセスを楽しめればと思います。